愛すべき習慣|言霊や占いで運気を高める|ハッピーデーの作り方
手

言霊や占いで運気を高める|ハッピーデーの作り方

愛すべき習慣

手

占いは昔から世界中で人間に愛されてきたものです。人間が進化し集団で生活をするようになって、集団をまとめる役割として神様がまつられ、神様の教えが掟として定められたのが起源だと言われています。日本でも昔から自然を大切なものと考え、木や石、大地などに願いを捧げ神様として信仰されていました。国ができ重要な問題を解決するときに占いをして、それを神様のことばとして捉え、その結果に従ったそうです。長い年月を経て占いの方法や種類は多種多様になってきました。現代ではタロットカードやトランプ、手相や血液型など様々な方法で特定の人との相性や恋愛運を占ってもらうのが主流になっています。特に女性に言えることですが日本人は中学生や高校生になると友人同士で占いの店に足を運び、気になる相手との相性や、恋愛や結婚運などを占ってもらう機会が増えてきます。若い女性が集まるファッション商業施設に占いの店を良く見かけるのもそれが理由と言えます。本も各種販売されています。占い師を頼らずに本を参考に相性を占ったり恋愛について調べたりすることもできます。近年ではインターネットでの占いも普及しています。気軽にスマートフォンなどで相性診断や恋愛診断ができるので若い人の中で人気となっています。占いの効果は確実なものではありません。しかし、占いの効果を裏付ける要素の一つとして言霊が挙げられます。言霊とは言葉に宿る力のことであり、言葉として発していることが実際に現実となってしまうことを指します。「自分はダメだ」と口にし続けることでうつ病などを発症してしまうように、言葉には少なからず事象を引きつける力が宿っています。そのため、占いで出た結果と、改善策を意識することで幸せを呼び込むことができるのです。言霊の力を信じて、占いの結果を自己暗示すると願いの成就につながるでしょう。